空き会議室は貸会議室に

何度も話してきたように、大阪で貸会議室を利用するメリットは今後増えていくかと思います。
本社がたとえ東京にあったとしても、中継設備を備えた貸会議室もふえてきているので、
多くの方は大阪にいたままで滞りなく会議を行うことできます。
今後のグローバル化の流れでは、東京だとか大阪などのような固有の場所に関係なく、
世界中いつでもどこでも貸会議室などで打ち合わせが行われていくことでしょう。

特に、最近は「空き会議室」を「貸会議室」に利用するという流れもあります。
なぜかというと会社の寿命(=会社が生まれてから無くなるまでの期間)が非常に短くなっている
という要因が考えられます。今の時代、新しく会社を作って何十年も維持し続けることは難しいです。
時代の変化、経営環境の変化をきちんと見極めて、それに対応していくことが求められます。
このような流れの中ではではオフィスビルの中の非活用的な空間がたくさん生まれていってしまいます。
そして、このような空き空間は効率性の点から見ると、非常に悪いものになってしまいます。
そこで、ビルのオーナーなどは貸会議室として空き物件を利用する動きが生まれているのです。
固定的な契約を行わなくとも、貸会議室を利用できるのであれば、貸し手も借りてにとっても非常に便利であるといえます。

最近、流行の働き方で「ノマド」という概念があることをご存知でしょうか。
ノマドとは会社などの組織には属さず、フリーランスのように個人がプロジェクトごとに働く働き方
のことをいいます。例えば、チェーンのカフェとパソコンで仕事をしているなどの働き方ですね。
このような働き方は今の時代に柔軟に対応しているともいえますが、やはり、会社がないと仕事をすすめにくいというケースもあります。
例えば、重要なプロジェクトの場合、誰が聞いているかわからない空間で内密な話はできないでしょう。
ですので貸し会議室の需要は高まってくることが予想されます。
空き会議室であればそのようなノマドワーカーの需要を吸収することができる余地があります。

中でも大阪での会議室利用を早く進める必要があります。
大阪は東京とは違い、まだまだ貸会議室の数が少ないからです。
このような柔軟な働き方が増えてきても、そのビジネスを行う環境はあまり整備されていません。
ですので、日本のナンバー2の都市である大阪で貸会議室の利用を促す必要があります。
大阪からより多くの空きスペースを貸会議室へと変えていきまよう。